2007年03月27日

海くんパチンコ初体験?

今日はわん・ダーフォーゲル部「パチンコ体験」です。

おっと、パチンコと言ってもこちらは、「パチンコ尾根」という

手稲山に登るルートのひとつの通称です顔(ペロッ)

パラダイスヒュッテという立派な山小屋の前の林道から取り付く

小さな尾根ですが、何故にパチンコ尾根なんて軽快な名前?

色んな説がありそうですが、どうやら細い木がパチンコ台の釘?

みたいに生えている中をパチンコの玉のごとくあちこちに進むから?

それにしてもこんな狭い尾根に木があちこち生えてるなか

私のスキーじゃマジで玉みたいにぶつかりながら滑るしかないあせあせ(飛び散る汗)

なんて憂鬱になりながらズルズルお父さんと海くんの後を追います。

僕のおうち見えるかな?.JPG

左手の手稲スキー場から何人かの人が変な所を登っている私達に

しきりに「お〜い演劇」と呼びかけます。

(そりゃ変だと思うだろうなぁ)

稜線に上がると手稲山頂の岩壁がなんとも凄い迫力パンチ

目指す西峰もとても攀じ登れる感じではなく、直下で撤退バッド(下向き矢印)

札幌市街と石狩湾を眺めながらランチにしました。

海くんはちゃっかりお父さんのランチバックからおやつを失敬

私に「開けてくだしゃいな」と持ってきます顔(笑)

海くんには調度いいお散歩コース

朝8時半に我が家を出発して帰宅してからお風呂に入っても13時

天ぷらを作ってみんなでいただいてもまだ17時・・・

海くんはすでに夢の中ですバッド(下向き矢印)

おまけ.JPG











ニックネーム 海 at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

お誕生会

豊林荘のいで湯で風邪を治した私達。

すっかり元気になり岩見沢へ車(RV)

岩見沢には海くんの親友たっくんの家があります。

たっくん家と我が家ではお誕生日が近いもの同士の合同パーティーを

年に何度かに分けて催しますバースデー

今月は海くんと二人の息子さん達のお誕生会。

今日の主役達.JPG

(いっそ泊り込みでパーティーをしようよひらめき)とは、

単に楽しいビールが飲みたいおとうさんの発案

でもすぐに楽しい計画はまとまります。

早速バースデービールプレゼントを持ってお邪魔しました。

海くんとたっくんはいつものように怪獣なみの大興奮どんっ(衝撃)

最近はさすがにおじさんらしく取っ組み合いはしないけど。

腹心の友.JPG

怒涛の対面儀式が済むと、あっさりしたものでお互い好き勝手です。

(この辺はやっぱり恋人同士のエリーちゃんとは違う?

エリーちゃんとはとにかくずーっと寄り添いイチャイチャ揺れるハート

海くんはたっくんパパの足元へ・・・

何しろたっくんパパは当事母子家庭の我が家のお父さん役、

海くんのしつけから私が夜勤の間の世話までしてくれていたのです。

そしてたっくんは私の膝から離れません。

主役の子供達や海くんを尻目にすっかり盛り上がった私達顔(ペロッ)

いい気分で眠りにつきました眠い(睡眠)

たっくんは私の左に、海くんは右に陣取っています。

そして・・・夜中海くんの啼き声犬(泣)

どうやら目が覚めて一瞬何処か分からず私を探すのです。

なだめながら二頭を庭に離しトイレをさせ、また布団に潜り込む。

しばらくすると再び海くんの啼き声・・・ダッシュ(走り出すさま)

そんな事を繰り返しながら朝を向かえました。

大体海くんはテントの中か自分の家以外ではいつもの事です。

いわゆる夜泣き?  そんな時はさすがにお父さんでもバッド(下向き矢印)

とにかくお母さんじゃないと安心しないみたい。

 翌朝、夜中から降り出した雨に濡れた庭になぜかスリッパexclamation&question

どうやら海くんが庭に出たときたっくんパパのスリッパをくわえて

出たようですあせあせ(飛び散る汗)

ゴメンヨォ〜exclamation×2

よほど楽しかったらしくめずらしく海くんが「帰りませんexclamation

とテーブルの下から出てきません。

「でもお母さんがいないとまた泣き出すでしょ?」と説得して

やっと車へ。

「今度は春のたっくんのお誕生会だね!そうだひらめき

みんなで山小屋にお泊りして山登りしようねexclamation





ニックネーム 海 at 21:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お別れ山行

先日山仲間のIさんから「豊林荘が今月一杯で閉館するらしい」という

メールをいただき多いに動揺しました顔(泣)

豊林荘といえば札幌近郊で数少ない私達のお気に入り掛け流し湯。

泉質はもとよりあの旧き良き佇まい。磨きぬかれた梁の一本一本に歴史

を感じるロビー。いつかは泊まって心行くまでしっとりと過ごしたいと

願っていたのです。

仕方ありません・・・私達いちファンには計り知れない諸事情があるの

でしょう。

まぁともかく最後にあの熱いいで湯にゆっくりと身を沈めようじゃない

かと、今週は豊林荘の裏山「朝日岳」に向かいました。

ほとんど冬に登る人はいないのか、トレースも林道からは消えています

春雪のラッセル登山になりました。詳細は「山の手帖」をどうぞ。

このラッセル作業、とにかく先頭を歩く人は大変あせあせ(飛び散る汗)

後続の3倍は体力を消耗します。

我わん・ダーフォーゲル部では大抵はお父さんがラッセル隊長。

たまに海くんもラッセル隊長をしますが、そこはひかえめな彼(?)

すぐにお父さんの後ろに回ります。

本来なら交代で先頭になるのですが、今回は風邪気味の私を気使い

お父さんが最後まで大汗をかきました。

(お父さんのほうが熱があったのですけど顔(汗)

それでも山頂ではうららかな春の陽ざしを楽しみランチタイム。

下山後待望の豊林荘へ・・・いい気分(温泉)

ゆっくりと汗を流すと私達の風邪もすっかり良くなったみたいひらめき

「山で病気を治すようになれば一人前の岳人だわ顔(イヒヒ)

なんて勝手に満足しながら豊林荘にお別れを告げたのでした。

うららか登山.JPG
ニックネーム 海 at 21:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

待つ・・・

今日はお父さん一人で手稲山に行きました。

本当は海くんを連れて行きたかったみたい。

でもお父さんが無事に下山するのを待つだけでも凄い心配なのに

海くんも・・となるとお母さんお仕事が手につかないわあせあせ(飛び散る汗)

海くんは山装備のお父さんを見て自分も行くつもりだったらしいです。

ノリピーの家に連れて行っても車から降りず、やっとおりても

いつもならお弁当の包みをくわえて階段を駆け上がるのに

今朝は階段の下でストライキバッド(下向き矢印)

ゴメンネたらーっ(汗)  お母さんに待つ勇気がなくて・・・。

いつも思うんだけど、世の中の人間の子供のお母さんって

本当に感嘆します。だって人の子ってリードもないんだよexclamation&question

独りで幼稚園とか学校とかにも行くんだよexclamation&question

私なら多分毎日電信柱の陰から目

少しでも危ない場面や悪そうな人が近寄ったら

「うちの子に何するのどんっ(衝撃)」って大騒ぎしそう・・・。

あぁダメ親の典型、子離れできない・・・。

お父さんにも「むしろかなちゃんが海くんに依存してる」

と呆れられます。

「だけど、人間の子はいつかは自立しなきゃならないけど、

海くんは自立なんかしなくても一生私が面倒みるもん」

なんて開き直ってるバカ親です。

私になにかあったら海くんどうなるパンチ

っていうか海くんに何かあったら私どうなるんだろう・・・。

いかんいかん!今日は何年か振りの風邪気味で体調がいまひとつ

だからこんな弱気になるんだわBad

せめて海くんも私達も健康でいれるようにしなきゃねGood

今夜は早めにおやすみなさい眠い(睡眠)

夜景登山.JPG

さてこの夜景はどこからの眺めでしょう?










ニックネーム 海 at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

お母さんの嫌いな坊主?

引き続いて僕の報告です。

前日の霧立沼ツアーですっかり満足しながら眠りについた翌朝

次の目的地、坊主山を目指しました。

標高700mちょっとの小さな小山ですが、あまり人が入らず静かそう

な小山です。(何しろ人混み恐怖症のお母さんですから、他の登山者

の方があまり訪れない山を探すのもお父さんは大変です)

入り組んだ沢地形を慎重に地形図とにらめっこしながらピークを

目指しました。

かなりのクラスト斜面でお母さんは、すでに帰りのスキー滑走を心配

しているのか段々無口になります。

標識もないピークで暖かい白湯をいただき、いよいよ右斜め下

スタンバイOKですよ!.JPG

あ〜あダッシュ(走り出すさま) お母さん思わず僕も目を覆いたくなる滑りたらーっ(汗)

お母さんは遅すぎですよ!.JPG

なんとか怪我もせず滑り降りれただけでホッとしました。

・・・アレレexclamation&questionそこにいらっしゃるのはクマじゃなく

馬さん?  なんと目の前に5〜6頭の大きなどさんこという馬

さん達が、鼻から盛大に湯気を出しています。

(馬さんこんにちは。 あっ驚かせてすみませんあせあせ(飛び散る汗)

どうやらちょっとルートをはずれてしまったようで・・・

あぁおかまいなくexclamationそそくさとおいとましますから)

ちょっとビックリしましたよ。

あんなに近くでお馬さんに会ったのは久しぶりですから。

それにしても随分大きいですよねぇ〜、僕の何十倍かしら?

さてツアーも終盤、いよいよお蕎麦です。

もちろん僕はレゴラスくんとお留守番むかっ(怒り)

たまには僕だってお蕎麦をいただきたいですよ。

幌加内のお蕎麦屋さんから戻ったお母さん

「やっぱり美幌のかね久か鵡川のいずみのお蕎麦がおいしいなぁ」

とわざわざお付き合いしたお父さんが凹むような感想もうやだ〜(悲しい顔)

今度は鵡川までお蕎麦を食べに行く日はそう遠くなさそうです。

もちろん僕としてはわん・ダーフォーゲル部の登山ツアーを

主張するつもりですよ手(グー)

帰りに何年か前に話題になったTV番組の舞台駅明日萌駅で

ポッポ屋海くんの撮影会をしました。

すずらん海くん.JPG

旧き好き時代のイメージだそうです。













ニックネーム 海 at 21:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道北遠征

犬(足)「今回は僕海が遠征報告しますexclamationなんだかお母さんは

今週お仕事が忙しそうですから、たまにはね犬(足)

この前のお母さんの大好きなお蕎麦ツアーですっかりお蕎麦ついた

わん・ダーフォーゲル部、「ねえねえるんるん やっぱお蕎麦の本場

と言えば幌加内じゃない?まだ食べた事ないしさぁ」

「おうっそれはぜひ食べてみなくちゃな!」

犬(足)(おやおや、すっかりわん・ダーフォーゲル部の本分を

お忘れじゃあありませんか犬(怒)

・・・なんとか本分を思い出したお父さんが選んだ選択は

霧立峠にある霧立沼と幌加内の小さな小山の坊主山です。

詳しくはお父さんのHPパソコン「山の手帖」をご覧下さい。

17日の土曜日に夜勤明けで普段にも増してボーッとしたお母さんを

乗せて出発車(RV)

お父さんの手作りお弁当をいただきながらのドライブです。

3時間あまりで目指す霧立峠です。

レゴラスくんは国道脇に待機してもらって雪に埋もれた林道を

辿ります。

ドライブ中は雪のバシャバシャが恐くてひっそりなりを潜めていた

僕もここまで来たらやる気マンマンパンチ

先頭をきって走りますよ〜犬(笑)

でも肝心のルートはお父さんが何度も地形図を見ながら決めます。

青空が出てきたのでお母さんもニコニコしてトコトコ滑ってます。

(お母さんはお天道様が見えてさえいればニコニコです)

一時間あまりで秘沼?霧立沼に着いた僕達一行。

静かな湖畔で優雅にティータイムと洒落込みました喫茶店

それにしても本当に静かです。この前はまみす沼という所で危うく

僕がスノーモービルに轢かれそうになりましたあせあせ(飛び散る汗)

ここは僕達と小さな小鳥さん以外の気配すらしません。

あぁたまにこんなのんびりツアーもいいものですね。

湖上のティータイム.JPG


「ここにテントを張ってもいいよねexclamation&question」などとお母さんも

すっかりお気に召した様子です。

湖上の微笑み?.JPG






ニックネーム 海 at 21:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

ワンコらしい日々?

このところ降り続いた雪も今日は一休み。

海くんもめずらしくお向かいの公園へ・・・。

公園もすっかり雪がまた積もり雪の海

早速海くん、泳いでいました。

背泳?.JPG

ついつい盛り上がりこんな事に顔(イヒヒ)

の海ダルマ?.JPG

お天気がいいからみんなが集まり出しました犬(笑)

チョット!久しぶりじゃない!.JPG

ボールフリークのノアちゃんとクールビューティーのリオちゃん。

ボール取って来てよ〜!.JPG

あ〜あダッシュ(走り出すさま)頑張って登った滑り台から降りれないで泣いてる。

降りれません......JPG

落ち込んだ海くん、そそくさと退場右 家













ニックネーム 海 at 09:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

まぁるい大きな虹を見た。

わん・ダーフォーゲル部久しぶりに知床方面に遠征しました車(RV)

今年の初日の出を英嶺山から拝んで以来です。

朝夜勤明けで出発、途中お母さんが一番大好きな美幌のかね久でお蕎麦

をいただき、更にウトロまでひた走りました。

(運転はもちろんお父さんです)

知床はこれ以上ない程の上天気るんるん

海別自然休養温泉でツルツルの美人の湯に入り大満足。

お酒をいただき素晴らしい星空を眺めながら車中泊。

翌朝も無風快晴の下イザ出発です。

今回は最初からワカンとアイゼンなので、海くんもペースをあわせやす

いので余裕がありそうです。

まさに原始林といった趣の森林の尾根から、いきなり知床連山が連なる

大展望の稜線exclamation×2

あんなに遠いですねぇ.JPG

はるか彼方にそびえる知西別岳を目指してトコトコ歩きます。

大景観に見とれながらのるんるん歩き。

わーい(嬉しい顔)犬(笑)、・・・あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)まだ着かない顔(え〜ん)

歩いても歩いても一向に辿り着かないピーク。

重たいスキー靴にズシリとくるアイゼン、長い登り斜面。

自分の息使いだけが耳に響きます。

頑張ろうね!.JPG

ふと見上げると私達の頭上を一羽のオジロワシが旋回しています。

(あぁオジロワシさん、励ましてくれているんですね?)

オジロワシに見守られながら一歩一歩登り詰めます。

今度はピークに大きな大きな丸い虹が現れました。

(あぁ虹も私達を待っていてくれますね?)

大きなまあるい虹が出た.JPG

出発してから(装備変更の為の登り返しを含め)6時間。

ついに山頂ですexclamation×2  詳しくは「山の手帖」をご覧下さい。

海くんと私は正直言って山頂ランチが済んだらトットと下山

したいところですが、海くんには山岳モデルという重要な任務が。

ひとしきりカメラに納まり下山開始です。

行きも長いけど帰りも長い、でも心は充実感で満たされています。

ただし充実感で心は一杯でもお腹までは満たされず、

下山後は早速お父さんにラーメンを作ってもらいました。

無事に下りたね!.JPG


羅臼の夕陽は日本一exclamation  夕陽を眺めながら露天に浸かり

疲れた体を癒します。

翌日はまた海別温泉に入りました。

お湯に浸かりながら私突如色んな事に気がついてしまいましたexclamation

(あのさぁ美人の湯って言ったって、この鼻ペチャが高くなる訳じゃ

ないよねexclamation&question、昨日のオジロワシってもしかして海くんを獲物

だと思って狙ってたんじゃないのexclamation&question、それにあの丸い虹、

あれって天候が崩れる前兆じゃなかったexclamation&question

Badまぁ良い・・・顔の造作はどうにもならないけど、せめて

雪焼けで痛んだお肌にはいい湯なんだろうし、海くんもワシの餌食にな

らなかったし、天候が崩れる前には下山したんだし。

やっぱり山はいいよねGoodと一人湯船に浸かりながらニッコリします。

帰りにまたかね久のお蕎麦を堪能し一路札幌へ向かったのでした。


家に帰り、海くんはいつものようにソファーにグッタリダッシュ(走り出すさま)

「海くん疲れた?」と抱き上げようとすると

犬(泣)「ギャウン、ギャーンギャァーンどんっ(衝撃)

突然海くんが泣き叫び出しましたがく〜(落胆した顔)

「えっexclamation&question何?どうしたの?」私達は大慌て。

(どこか関節が外れた?肉離れ?捻挫?)とにかく夜間病院へexclamation

海くんは泣き叫び続けています。

「海くん、病院に行こうね!」と抱きかかえた途端泣き声が止み、

肩にかかる前足に力が入っています。

??ソッと床に降ろすと、トットと違う部屋へ逃げ出す。

「チョット、足は?痛い足は?」

・・・やられました・・・ダッシュ(走り出すさま)

多分長いドライブで帰って来たのに、私が海くんそっちのけで跡片付け

をしていたのが気に入らなかったのでしょう。

それか、単に筋肉痛でいきなり足が痛くなっただけ?

海くん発作バージョンアップです顔(汗)

海くん・・・お母さんは君に振り回されっぱなしだよ。

でも、君のわがままはお母さんに対してだけだもんね。

君がわがまま言える唯一のおろかな母はこれからも君といつまでも

いつまでも一緒だよ。

こんなお母さんでよかったらどうぞ振り回しておくれ。










ニックネーム 海 at 20:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

スピリチュアルドック?

今日は海くんとお父さんだけで裏山散歩に行きました。

たまにお父さんのヤもいいかな?.JPG

そこで「海くんが何か見えない物を見ていたモバQ」らしいです。

よく聞きますよね?犬って見えるらしいって・・・・。

確かに海くんは近所を散歩していて、時々あらぬ方を凝視したり、

しきりに背中上から何かを払おうとしたりする事が何度かありました。

そんな場所が何箇所かあります。

なんとなく、近所のお散歩に行きたがらないのも、他のワンコが

恐いのと見えない何かが恐いのかなぁなんて思ったりして。

後は大抵の山小屋には嫌がって入らないの。

山小屋のモバQ話はよくあるしね〜。

現に私達も誰もいないはずの山小屋で、

風もないのに勝手にドアーがバタンバタン開閉したり、

壁をノックされたり顔(なに〜)

だからなるべく小屋泊まりはしないでテントを使います。

でも山によってはテントでさえ、海くんが一晩中プルプル震える事

もあるのですよ。いくら呼んでも固く目を閉じて震えてるの。

寒さで震えてるとは考えられないしね。

厳冬期だとゴアテックスのウエァーを着せるし毛皮だし・・・。

海くんの恐怖の世界は雷や屋根の落雪や水音だけじゃないのですね。

もちろん実際には海くんが何を恐がるのかなんてわからないですが。

exclamation&question  一番恐いのはやっぱりお母さんですか顔(ペロッ)

この枝の噛み心地はどう?.JPG

せめて恐い夢なんか見ないでね眠い(睡眠)









ニックネーム 海 at 21:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

悪天候の休日は・・・

「たまには家でゆっくりしようよー(長音記号2)

なーんて言葉は我が家にはありませんるんるん

「山に行けないならいい気分(温泉)Good」と車を走らせます車(RV)

山と同様何処の温泉にするかだって真剣に悩みます。

神経の図太さにかけては一級の母ですが、実は超敏感肌ふらふら

家のお風呂にも浄水器の水が入ったペットボトルを入れ

上がり湯にしないと赤くなってしまいますあせあせ(飛び散る汗)

ですから当然源泉かけ流し湯にこだわった温泉じゃないとパンチ

昨日は熟慮の結果、登別の花鐘亭まで出かけました車(RV)

お決まりの鬼と一緒にカメラ

僕より大きなこん棒ですよ.JPG

いい気分(温泉)はこじんまりとして、落ち着いた雰囲気のよいGoodさ。

韓国からの修学旅行らしい若者がたくさんいました。

今は道内何処に行っても、中国や韓国、台湾からの観光客で一杯。

いつだったか函館の朝市を覗いていたら、いきなり韓国の方に

囲まれ、海くんを拉致(exclamation&question)されて大いに焦りました。

どうやら一緒に写真を撮りたかったようです顔(汗)

まぁ私達だって何処か外国で同じゴールデンを見つけたら

すんごく感激しますもんね犬(笑)



ニックネーム 海 at 20:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする